脳梗塞、くも膜下出血に限らず救急車を呼んで欲しい症状は?

救急車を呼ぶ症状

脳梗塞、くも膜下出血に限らず緊急性を要する状況は分かります。
(救急車を呼ぶ段階では何の症状かは分かりません)

その他の救急の症状の中にも、東京消防庁など救急車利用で、緊急度が高いとされている症状に、

下記のような症状があります。(119番で地元の救急センターにつながり)

その場合は、ためらわず救急車を呼んでほしい症状になります。(大人の症状)

自分も家族の場合で救急車を呼びました。本当に一刻を争います

緊急性を要する症状で救急車を呼ぶ

症状に補足を加えますね。

・突然の激しい頭痛
(くも膜下出血、脳梗塞など、
恐らく脳に関係する可能性大)
・突然の高熱
・支えなしで立てないぐらい急にふらつく


・顔半分が動きにくい、あるいはしびれる
(脳に関係する可能性があります)

・口や顔の片方がゆがむ
ろれつがまわりにくい、うまく話せない
脳梗塞など恐らく脳に関係する可能性大

視野がかける
・ものが突然二重に見える
・顔色が明らかに悪い

スポンサーリンク



胸や背中
突然の胸の激痛
(くも膜下出血、脳梗塞など、心臓など脳につながる可能性も)
・急な息切れ、呼吸困難
・胸の中央が締め付けられるような、
または圧迫されるような痛みが2~3分続く
・痛む場所が移動する


・突然の激しい腹痛
・持続する激しい腹痛
・吐血や下血がある

手足
・突然のしびれ
突然、片方の腕や足に力が入らなくなる
(脳に関係する可能性があります)
突然持っている箸を落とす
(脳梗塞など脳に関係する可能性)
・意識の障害

緊急性を要する体の突然の変調

その他

・意識がない(返事がない)又はおかしい(もうろうとしている)
・ぐったりしている、けいれん
・けいれんが止まらない

・けいれんが止まっても、意識がもどらない

・けが・やけど

・大量の出血を伴う外傷
・広範囲のやけど
・吐き気

スポンサーリンク



・冷や汗を伴うような強い吐き気

・飲み込み

・食べ物をのどにつまらせて、呼吸が苦しい、
・変なものを飲み込んで、意識がない
・その他、いつもと違う場合、様子がおかしい場合

複数の症状が考えられるので、患者を安静にして動かさず意識が無い場合などは、呼吸をしているか確認することも必要です。

 

その場合、口の中の舌(した)が、気道をふさぎそうな場合気を取り直して、あわてずに、呼吸できるように、横向きになるようにそっと姿勢を変えることも場合により必用になります。

 

呼吸していない場合は、両手で胸を何度か規則正しく胸を上から軽く押して(肋骨を折らないように)
人工呼吸をすることも必要になります。(全く呼吸していない場合、口と口で息を移します)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です