健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

冬場寒い季節に脳梗塞、脳出血に危険なヒートショック!

冬場の12月、1月、2月など室外と室内の寒暖差や、家の中の暖かい部屋と廊下を初めとした部屋間の温度差が肌で感じる以上にあって、

例えば、部屋を出た瞬間「冷蔵庫のような寒さ」とでも言うと大げさですが、それくらい寒さと暖かさの違いを感じるようであれば、

その寒暖差が人や場合よっては、命取りになる可能性に確実につながります。

脳梗塞、脳出血や心筋梗塞などの障害になり得る可能性があるので実際的に要注意です。

というより、対策をとっていきましょう!

スポンサーリンク



今のうちから対策をしておくことは、とても大切になってきます。

恐らく周りや身近な人に、そうした事例が起きていることをお聞きになっているかもしれません。

それは、暖かい部屋間と比較的冷たい廊下、寒さを感じる洗面所、脱衣所、浴室・風呂場などその他の部屋の寒暖差が、急激な血圧の乱高下になり、年配の人はもちろんのこと、そこに住まう人にとっても良くありません。

暖かい室内と廊下、脱衣場・洗面所、トイレとの温度差が、それぞれ例えば10度以上あるなら、その急激な温度差により

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を引き起こすのがヒートショックと呼ばれています。

急激な温度の変化により急激に血管が収縮または膨張することによって、血液と流れが一気に高まり、急激な血液の流れが脳や心臓などに

勢いよく血液が一気に流れ込み大きな血流の負担が血管を破れることにつながる可能性が高いのです。

また、この寒い時期に死亡が急激に増加にする原因にひとつにもつながっています。

ヒートショックを防止する対策は?

スポンサーリンク



冬場室内の各部屋や廊下、洗面所・脱衣場それぞれの温度の差が大きい場合、暖かい部屋から廊下や、また、洗面所やトイレに移動する場合、

急激な温度差でヒートショックともなり兼ねません。

その対策としては、洗面所・脱衣場など、あまり人が行かない場所にセラミックヒーターや温風器を設置されるケースが増えています。
最近では人感センサーのついたヒーターで、人が入室するとセンサーが感知して、温風が吹き出し室内を早く温めます。
できるだけ暖かい部屋と移動先との部屋の寒暖差を少なくするようにして、ヒートショックを和らげます。

特に、お風呂に入浴する際も、いきなり冷たい浴室に入ったり、浴室に入ったなり、すぐに熱い湯船につかることも血管を広げる血流も一気に流れることで血圧を急速に上げて脳血管や心臓に負担がかかるためできるだけ心臓から遠い足先からゆっくりと温めていくようにしましょう。

スポンサーリンク



 - 脳梗塞、脳出血に危険なヒートショック , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした