くも膜下出血になる可能性を減らし、脳動脈瘤の発見と未然に破裂を減らす方法は?

くも膜下出血を防止するには

くも膜下出血になる原因、可能性をまずは減らす!

それは、くも膜下出血の原因や可能性の要因を順にそいで落とすことから始めます。

(既に、くも膜下出血や脳動脈瘤がある場合は、医師の指示に従ってきますが。)

 

現時点では発症していなくても、今後の健康維持や確認のため、
頭痛など気になることや、家系で今まで、くも膜下出血や脳梗塞など発症した場合など、
その出血に至るようになる可能性を消去法で、順に実行(意志が伴うので・・)していきます。

 

例えば、喫煙
喫煙と、くも膜下出血の因果関係がデータでもあるとされています。

 

一度喫煙すると、なかなか止めることが難しくなる禁煙。

 

また、喫煙を始めたり、現在も喫煙している理由を見ると、

職業柄が多かったりしますし、
周りや先輩が吸っているからなどの職場環境や、ストレスが多い職業や職場であったりします。

 

そうした環境で、なかなか喫煙を止めることは難しいかもしれませんが、
減らしていくことは意志があれば可能になります。その意志がポイント。
と、言うよりタバコを控えめにから完全に計画してスタート!
禁煙方法は人それぞれです。

 

最終的には意志の問題ではありますが、脳への負荷を考えると、
今からでも実行してみることをオススメします。

 

ストレスの発散を考えいけば、一石二鳥とも言えるでしょうか。
(喫煙を控えることがストレスにならないよう工夫します)

上記に一例を出しましたが、飲酒もまた、度が過ぎると体への負担も出てきます。

喫煙するよりずっとましですが。

 

生活習慣病など、順に原因になり得る逆のパターンで実行して行くことが、

健康+くも膜下出血や動脈瘤を作らせないとして、
なりにくくなれる体質づくりにも繋がります。

 

一言で言うと、生活習慣病を防ぐことが、脳にもいい影響をもたらすと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です