健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

脳ドックも人間ドックも目的は一つ!脳ドックは脳動脈瘤など緊急性がある場合の確認検査。

脳ドック人間ドックのどちらも、検査する時点で現在の体の状況を知り、

 

問題がある箇所があれば、再検査または将来起きてくる可能性の体の部位を改善していったり、治療することです。

 

ただ、脳ドックの方が緊急性は高く、くも膜下出血など、脳に異変を感じたり

脳動脈瘤があれば、破裂する前に対処するための状態を安全に確認したりします。
検査結果、今後の体の変化や様子を見る場合もあるでしょうし、

 

改善につながることをしていく対策をとることもあるでしょう。
また、部位が悪化していたり、悪化して生命に支障を来たす可能性であれば

 

早急な手当てや治療、手術をすることも出てきます。
そのために、検査をしなければ悪化している患部も発見できない可能性もあるわけです。

 

検査をして患部の状態がはっきりすれば、それに対する処置が出てきます。

 

できるだけ、詳細な検査結果をまずは確認することが、健康を維持する第一条件になります。
わずらわしさゆえに、検査をしないままに放置していたり、

 

知らないままゆえ検査を受ける機会を失ったりすると、

 

やがて将来に不安を残して怯えているより、数段価値があることになります。

 

「くも膜下出血」は小さな兆候は示すことがあるものの、
大きな前触れなくある日突然襲ってくるのが特徴ですが、

 

くも膜下出血になる大半の原因の一つ、
脳動脈瘤の破裂が大きな手術を伴う危険な脳疾患になります。

 

その破裂する可能性がある脳動脈瘤の発見と肥大化するであろうことが事前に分かれば、
近い将来起こりえる可能性の病状に対して、

 

それは心の準備だけでなく、病院を探したり
様々な準備や対策がとれることにつながり、大きな恩恵やメリットに変化します。

 

くも膜下出血や脳出血になる可能性のある部位、脳梗塞など、
脳に何らかの異常や兆候が検査で発見できたり、

 

突然起こるくも膜下出血で、最悪、後遺症だけでなく生命に及ぼす危険を察知できれば、
大きな脳疾患など未然に防ぐことも可能になり、

 

そうした診断結果がもっとも大きな脳ドックの役割であり目的になります。

 

一般的に、人間ドックの検査を受けることがあっても、
脳ドックの検査を受ける人は比べると少ないかもしれません。

 

現在、脳の検査する機械は進化して、
頭部CT頭部MRI頭部MRA頸部MRAなど、

 

脳の状態を知る上で貴重な検査結果が得られる脳に関する検査、
脳ドックは、

 

健康であれば当たり前の生活、普段の生活を送る中で、
とても大切な存在、役割を果たすものになってきています

 - 脳ドッグ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

脳検査のMRI
脳ドックは身近に、受診で事前に脳の現在、将来の危険性をチエック!

目次(希望の項目に移動します。)1 脳ドックは自身の脳の健康状態、将来の危険性を …

no image
脳ドックを受けたほうがいい人と、どんな病気が発見されるのか?

脳ドックは、 もちろん現在特別症状はない健康な人を初め、   高血圧の …