健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

くも膜下出血の前兆で頭痛に注意!緊急事態の対処方法は?

くも膜下出血(くもまくかしゅっけつ)は、脳内の3層構造内の2番目の層と3番目の層の間、

くも膜下出血1

くも膜下』層下にあるスキマの層内に出血して、体に異変・障害を起こし命を脅かす怖い病気です。

くも膜下出血の多くは突発的に起きるように見え、

 

また、症状は人によって違いますが、軽微でも前兆になるうる可能性は否定できません。

その前兆に何があるのか見ていきましょう!

スポンサーリンク



 

1.激しい痛みを伴う頭痛に襲われます。

人によっては軽度の頭痛もあります。
(連続性、持続性のある痛みを伴ったりします)

 

見過ごしてしまうくらい軽い頭痛を一度経験して、その後強い衝撃の頭痛に見舞われる場合があります。

初期段階では強くない頭痛で異常と感じないまま見過ごされている可能性が高いのです。

(連続性を伴う頭痛であれば、実はくも膜下出血の前兆である可能性も)

 

持続性のある痛みで異常と感じたらなら即座に、病院で診てもらいましょう。

頭痛の強さや激しさの度合いやまた、頭全体、前頭部、後頭部と痛む場所も人によって違います。

最悪を回避するためにも、何か変だと感じた場合は直ちに病院に行くことをオススメします。

スポンサーリンク



 

また、当事者以外でも、その異変に万一気づいたらその病状を疑い可能であれば当事者に様子覗いを!

そして必要であれば了解をとって病院に行ける手だてすることも必要になる場合も!

一般的に多いのは、突然強打されたくらいに強い痛みが伴う持続性のある頭痛です。

(以前にあった気付かないくらいの頭痛が前兆であった可能性もあります)

連続性のある痛みの前は、下記のような複数の異変や前兆が見られるならくも膜下出血の疑いもあります。

 

軽い頭痛や、一瞬感じた頭痛後は、しばらく何もなかったようになったり持続性の無い頭痛は、くも膜下出血の可能性は低くなります。

それでも、その頭痛を自己判断しないで、早めに病院で受診されたほうが絶対いいです!

 

スポンサーリンク



2.血圧の乱高下

定期的に血圧を測定いる人は普段の血圧状態を知ることができていますが、血圧測定

測っていない人は見過ごされてしまう可能性があります。

 

水面下では血圧の上下振幅が激しくなり条件が揃えば、くも膜下出血になる可能性を秘めています。

 

まずは、血圧の乱高下動があるか察知したいところです。

3.目の周りに異変が起こる、視力・まぶた・痛み

まぶたがドロンと下がる、物が重なって見える、目に異常を感じるのも前兆になります。

 

4.吐き気・嘔吐・ムカムカ感

頭部での異変が起きる状態で、モヤモヤ感や集中力が無かったり、頭がスッキリしないなどの前兆があります。

 

5.意識は人によってあったり、無かったりします。

意識が無い場合は、かなりの重篤で、くも膜下出血の原因の8割を占める脳動脈瘤が破裂して

 

多量の出血をしている可能性があるので、一秒を争う緊急性のある症状になります。

救急車を呼ぶ以外方法はありません。

スポンサーリンク



 

意識がある人でも上記の様態ではくも膜下出血として異変が起きて脳動脈瘤が破裂している可能性もあるため同様に病院への直行が求められます。

 

その他、体の部位の痛みもまた、くも膜下出血の前兆にもなる可能性は十分あります。

また、発熱は通常ありませんが、もし発熱がある場合は何らかの病気が伴っていることが考えられます。

上記の症状や前兆は人によって軽く感じる程度で見過ごされて

 

後日、くも膜下出血が発症する場合もあるでしょうか。

 

地震で言う、余震(前兆)に気づく、気づかないで、本震(くも膜下出血)が突如起きるようなイメージに近く例えられるでしょうか。

 

予兆

震源下で起きている上記のような前兆をまず知ることが大切になります。

 

くも膜下出血の前兆とも言う頭痛に度合いがあります。

 

上記のような、くも膜下出血の前兆を軽微なために仮に見過ごしたり、見逃したりすると、

ある時に突如、激痛を伴う激しい頭痛があった場合、

 

あの時、気づかず、また見過ごしていた『くも膜下出血』が真っ先に疑われます。

くも膜下出血2

対応する病院は通常、脳神経外科が主体となり

 

検査から手術まで対応しますが、詳細は病院に問い合わせをすると確実です。

 

くも膜下出血の前兆で激しい頭痛後、緊急事態の対処方法は?

スポンサーリンク



 

特に異様に激しい頭痛が感じられる場合、患者の様態は急変していく可能性があるため緊急性を持って対処していく必要があります。

このくも膜下出血は、特に一刻を争う時間との勝負になります。

 

立っていられないくらい頭痛が激しい場合は、患者をそっと優しく支えてあげて横にしましょう。
安静に出来るだけ動かさない状態に!

 

吐き気をもよおすなら、嘔吐に備えて仰向けではなく横向きに寝かせます。

最悪、意識が無ければそっと寝かせますが、仰向けだと舌が口内をふさぐため窒息しないよう、

横寝で窒息しないように

ふさがらないよう横向きに寝かせます。

意識が無ければ、呼吸をしているかどうか先に確認して、呼吸が無い場合は、人工呼吸に移ります。

同時に、意識があっても無くても即座に救急119番通報へ!

 

電話先の救急隊員には、簡潔に患者の状況を説明して救急車の到着を待ちます。

スポンサーリンク



 

それは、生命の危機が差し迫っているためと、あとあとの後遺症の負担を軽くするためです。

それだけ激しい痛みが伴う頭痛は、くも膜下で出血している可能性が大きく、

一刻も早い対処がその後の患者の安全性確保と将来の行方を左右する可能性が高いからです。

とにかく、注意深く体の異変を前もって察知できるかどうか?

 

同時に、気づいた場合に即座に対処できるかどうか?

 

患者の将来にとって、後遺症も含めて大きな人生の分かれ目になります!

スポンサーリンク



 - くも膜下出血

Comment

  1. 大矢 千歳 より:

    未破裂動脈瘤が2箇所あって3月24日に左側こめかみ上あたりにに7ミリ以上のクリッピングを手術しました。眉間のところにもあるという事で4月26日に前回の場所の検査の時はに他の病院で動脈造影剤を最初腕からしたのですが、うまくいかず内腿から入れてすごく大変な思いをしたので、4月2人にCT造影剤の検査をしてもらう予約が入ってるんですけど、セカンドオピニオンで富永病院で手術してもらったんです。私は香川県在住でいったん4月9日に退院して、その日の晩に御飯を食べた後吐き気がして、その日から晩御飯とか食べると吐き気がするので、食欲もなく御飯もほとんど食べれなくて、頭痛はないんですけど、今日で3日吐き気が続いてるので、ひょっとして、眉間の動脈瘤がどうにかなったのではないかと心配なんです。

  2. 大矢 千歳 より:

    このサイトを見て、香川在住で今回未破裂動脈瘤が左側のこめかみの上あたりに7.5ミリ以上のが見つかり、香川でする予定をあまりに症例数が少ないため、大阪の富永病院で手術を3月24日に手術しました。
    大阪で再度検査した時に、眉間のところにももう1箇所あると言われました。先に左側をクリッピング手術して一旦4月9日に退院しました。退院当日晩御飯食べた後に吐き気がして、それから、毎食食事を食べるたびに吐き気がするので、食欲もなく血圧も高いので薬も飲んでるんですけど、その9日10日は150/100ぐらいまで上がったんでふけど、あとの数日は129/88と下がっていき、お通じも3回以上でます。
    香川の病院で動脈の造影剤を腕から入れたんですけど、うまくいかず内腿から入れて大変な思いをしたので、大阪の富永病院で4月26日にCT造影剤の検査の予約を入れてるのですが
    眉間の動脈瘤があるので吐き気が続いてるのは、ひょっとしてくも膜下になってきてるのではないかと心配で、頭痛は今のところ、手術したあたりが痛いので、痛み止めをもらったのがあるので、飲んでる状態です。

    • newnavi より:

      こんばんは。

      そうですね、これは頭の中のことなので、どんな状態なのか病院で診てもらう、連絡して判断を仰ぐ、確認をとることが先決ではないでしょうか。

      医師が診て判断されると思いますので、病院に至急連絡をとってその旨を伝え確認することが大切かと思います。

      このサイトでの発端は、知人に未破裂動脈瘤があって、それまでは兆候が出ていたようなのですが、

      周りも分からないままの状態でずっと過ごしてきました。

      ある朝方に胸の痛みが急に出て救急車を呼ぶ以外はなく、緊急手術をしなければならないかったことが発端でした。

      手術は未破裂動脈瘤のカタチが複雑でクリッピング手術が出来なく、頭の切開手術で頭蓋骨を切り開いての手術でした。

      これは病院や医師の技術によっては手術の仕方は症例によっては違うかもしれません。

      しびれがあったのに先に気づいていれば、大矢さんのように病院が選べたのですが・・・

      とにかく気になれば、現在の症状を病院や医師に早急に電話で連絡をとってみてはいかがでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

くも膜下出血の原因
くも膜下出血になる原因は何? 女性に多い? 酒やストレスは?

くも膜下出血になる原因は、それぞれ、人や年齢、生活環境により違いがある反面、共通 …

くも膜下出血 前兆と症状、後遺症を残さないためにできること!

くも膜下出血で病院に運ばれたり、行く場合、その時の症状は激しい頭痛による症状が大 …

救急車を呼ぶ症状
脳梗塞、くも膜下出血に限らず救急車を呼んで欲しい症状は?

脳梗塞、くも膜下出血に限らず、緊急性を要する状況は分かります。 (救急車を呼ぶ段 …

開頭手術
くも膜下出血の手術後は最重要注意時期 | 血管れん縮と水頭症、脳梗塞に注意!

脳動脈瘤が見つかり破裂する寸前で、 その脳動脈瘤の位置や形が、カテーテルのコイル …

リハビリ室
くも膜下出血の後遺症やリハビリは、手術内容・成否、人により様々

くも膜下出血の手術後、患者さんの手術の内容や手術の成否、術後の経過にもよりますが …

くも膜下出血を防止するには
くも膜下出血になる可能性を減らし、脳動脈瘤の発見と未然に破裂を減らす方法は?

くも膜下出血になる原因、可能性をまずは減らす! それは、くも膜下出血の原因や可能 …

くも膜下出血 前兆
くも膜下出血 、頭痛、胸の痛みで救急搬送、検査後、即、開頭手術へ!

夏の朝、知人が急に胸の痛みを伴う激痛で立っていられなくなり、そのまましゃがみこみ …