健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

脳梗塞の前兆とは?どんな頭痛があるの?

脳梗塞 兆候 チエック脳梗塞の前兆はチエックリストでお伝えしましたが、

 

脳梗塞の前兆の中に頭痛があります。

例えば、ある日突然、ハンマーなどで強く殴られたような頭痛に襲われた場合、順序として

最初に疑うのが『くも膜下出血』が挙げられます。

その可能性はとても高いです。

風邪の頭痛の痛みとは違うので、『くも膜下出血』と断定しても間違いではないと思います。

脳梗塞 前兆の一つに頭痛があり、条件がそろうならば、やるべきことは一つと話しましたが、

上記の場合『くも膜下出血』→『脳梗塞』にもつながる可能性があります。

 脳梗塞・くも膜下出血の疑いは119番の緊急連絡を!

スポンサーリンク



 

いづれの病状かを自己判断せずに、また周辺の様子を見ないで直ちに救急車を呼びます。

脳梗塞 前兆のチエックで頭痛

命と後遺症に関わる一大事と考えて間違いありません。

患者にとっては病院への緊急移送が必要である瞬間となります。

患者の様態は時間との勝負になるので、間違っても自家用車やタクシーで病院に行かないで下さい。

状況を119番の電話先の救急担当に状況を伝えて下さい。

「事故ですか、それとも急病ですか」と聞かれると思いますので落ち着いて、患者の様子を簡単に伝えて下さい。

 

くも膜下出血で入院、手術しても、状況によっては脳梗塞に異変する可能性は最後まで残ります。

脳梗塞や後遺症を作らない環境が大切になります。

 

脳梗塞 前兆の頭痛を伴う、伴わないに限らず分かりやすく体全体を見ると。

 顔・腕・言葉・時間の頭文字『FAST』は脳梗塞のサイン!

スポンサーリンク



』、『』、『言葉』、『時間』が脳梗塞の前兆を知る最大のポイントになります。

どういうことかと言うと、脳梗塞前兆のチエックリスト

脳梗塞の前兆にある頭痛の他チエックする方法やテスト
そして、後遺症を残さないようにするためには

下記の脳梗塞チエックテストをして見て下さい
該当する項目や、気になる項目がありますか?

 

チエックする全体の半分は顔になります。

Face(フェース・
顔や口周りが麻痺や引きつっていないかどうか。

Arm(アーム・
両腕を横肩まで水平に一杯広げ、片方の腕が下がらないか。

Speech(スピーチ・話すこと
言葉や話が普通に言えない、

話せない、ろれつが回らないです。
「隣の客はよく柿食う客だ」とか、

「なまむぎ・なまごめ・なまたまご」などの類を言ってもらって、ちゃんと言えるかどうか。

Time(タイム・時間
脳梗塞は本当に時間との勝負なので、無駄な待ち時間を作らないため、

上記の頭文字をとりFASTと言って、脳梗塞の兆候を示唆するサインですが、

 

上記FASTの症状が見られたら即、救急車を呼び緊急搬送を要請します。

後からとか、もう少し様子を見てからは無しです。

 強い頭痛と偏頭痛の違い?頭痛を伴う、くも膜下出血は?

スポンサーリンク



そして、脳梗塞の前兆に上述したように強烈な頭痛を伴うものもありますが、

ほとんど痛みがない中で進行している症状も多く、もし、これまで経験したことのないくらいのハンマーで殴られたような強い頭痛を感じ、

強い頭痛

場合よっては嘔吐など伴う痛みの場合は、くも膜下出血の可能性が非常に高くその時は瞬時に救急車を呼んで下さいと上記で申し上げました。

 

一般的には高齢者に多い脳梗塞の要因は、加齢、糖尿病、脂質異常症、高血圧や喫煙者に多く、

どれもが血管に良くない因子です。
ひとつ大きな脳梗塞の前兆とも言えるポイントを挙げます。

上記のような因子がある場合や特に片頭痛を伴って、脳梗塞の前兆が更に見られたなら

 

脳梗塞を発症する危険性が2倍に増えます。

それだけ危険だと言うことです。

頭痛+吐き気→嘔吐+脱力発作が起き

→病院で検査→回復→

頭痛・運動麻痺→脳梗塞→治療と
脳梗塞発症は年配の人だけでありません。

 年配から若年性脳梗塞と偏頭痛の兆候にも注意!

スポンサーリンク



 

上記の発症例では45歳以下で若い人に発症する

若年性脳梗塞でした。

偏頭痛

頭がもやもやしたりしたり、視覚にはぎざぎざした物が映る、

頭痛前に物がぼやけて見えづらくなる、そして頭痛を繰り返す、嘔吐がある、

 

生あくびが出るような偏頭痛が見られる。

これだけ要因が揃うと、前兆とも予兆とも言える脳梗塞のリスクを高めることになります。

更に脱水症状(血液がドロドロになる)が加わったり、アルコール摂取、嘔吐で脳圧が変化して
脳梗塞となる可能性が一層高まるのです。

 

この場合も、予兆・前兆でリスクを高める『偏頭痛』が見られる場合は医師の診察が必要になります。

ワンポイント

ちなみに、『偏頭痛』は、軽い「ズキズキ」ではなく「ズキンズキン」と脈打つような痛みが数時間以上も続き、

一旦収まったように見えて、後日持続性があったり、

また断続的に再発する頭痛を言います。
吐き気や嘔吐(おうと)を伴う、頭痛が頻回にあったり、市販薬や鎮痛剤が効かない

頭痛や視力の感覚に異常を感じるのが、偏頭痛になります。

『偏頭痛』を伴うと、『脳梗塞』を呼びこむリスクも高まりますので、必ず医師に相談して下さい。

スポンサーリンク



 - 脳梗塞

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

救急車を呼ぶ症状
脳梗塞、くも膜下出血に限らず救急車を呼んで欲しい症状は?

脳梗塞、くも膜下出血に限らず、緊急性を要する状況は分かります。 (救急車を呼ぶ段 …

運動が糖尿病予防にいい大きな理由と適切な運動の方法は?

目次(希望の項目に移動します。)1 運動が糖尿病予防にいい大きな理由は2 運動は …

no image
脳梗塞の前兆をチェック!ろれつが回らないと緊急事態に!

脳梗塞の前兆をチェックすること、知っておくことが脳梗塞の最悪の結末を防ぐ最後の砦 …