ノロウイルス 症状で子供の症状は?

ノロウイルス対策に手洗い

ノロウイルスの症状が子供に出ると心配になりますが、毎年、寒い季節となると流行るのがインフルエンザやノロウイルスです。

感染すると辛い症状が出るノロウイルスですが、大人と子供の症状が異なることはご存知でしょうか?

小さな子供さんを持つお母さまは、この機会に確認しておくと安心です。

ノロウイルスによる大人の感染症状は?

 

まず、ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間が一般的ですが、感染率がとても高いため、家族の誰かが感染してしまうと、家族内に感染させてしまう確率が非常に高くなるのです。この感染力はインフルと似ています。

大人の場合、嘔吐や下痢、吐き気が続き、特に下痢の症状が重くなる傾向があります。大人の方が子供より免疫力が高いため、早く治りますが、子供より大人の消化器官が長いため、なかなかウイルスが排出される時間が長引くため、下痢もそれに連れて長引くのです。

ノロウイルスの子供の感染症状と大人の感染症状との違いは?

一方、子供の場合は頭痛や熱はなく、下痢や腹痛などの症状だけがあらわれたり、逆に下痢が少なく嘔吐が多い場合が多いです。子供が感染した判断は難しいかもしれませんが、嘔吐があった際に、一見風邪のような症状に思える場合もありますが、似た症状から風邪薬を飲ませるのではなく、早めに病院へ連れて行くのがいいと思われます。

そして、ノロウイルスがいつまで続くかというと、こうした消化器官の症状は数日でおさまります。辛い症状の割には、回復が早いという特徴があります。しかし、1週間から1か月の間は、先程の例からもウイルスの入った便がしばらく出続けるという事は覚えておくべきです。

嘔吐なしで元気そうに見えても、体の中にはしばらくの間ノロウイルスが潜んでいます。感染者が使用したドアノブやトイレは、必ずノロ用の消毒液で消毒しましょう。

身近に感染者がいらっしゃる場合は、自己防衛のためにも、対策を考えておく必要があります。感染ルートとして、牡蠣などの2枚貝を食べる、せきなどからの飛沫感染、そして、先ほどのモノからの接触感染があります。

身内に感染者が出た場合、便を採取してウイルスを持っているか調べる検査を受ける事ができるので、できれば家族が検査を受けて、2次被害をなるべく避けられるよう、強力なノロ用の除菌スプレーなどを使用して感染しないように対策をしておきます。

また、部屋の空気がこもらないように、寒い冬でも時々換気は必須です。更に、お年寄りや子供の症状で嘔吐があった場合はもう一つ注意しなければいけない事があります。それは、嘔吐物による窒息で死亡例がある事です。子供もお年寄りも少しでも異変があれば、見逃さないように細心の注意を払う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です