健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

ノロウイルスの症状で大人の症状は?潜伏期間に出社は?

ノロウイルスという病気や感染など、冬から春にかけて寒さを感じる頃は、まだまだノロウイルスは、日本全国のどこかで必ずニュースで聞くことは多いかと思います。また近くの施設でノロウイルスの感染なども良く耳にするところですね。

嘔吐や下痢が止まらないといった恐ろしいイメージのあるこの病気ですが、大人のノロウイルスの症状にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

また、どんなことに気をつれれば感染しにくいのでしょうか?

ノロウイルスの大人の症状は、どんな種類の症状が出る?

発熱

発熱及びそれに伴う寒気が症状の1つとしてあげられます。人によっては39~40度に及ぶ場合があります。
逆にあまり発熱をしないという人もいて、あくまでノロウイルスによって発症する1つの症状である場合も考えられます。

腹痛及び下痢

腹痛及び下痢はノロウイルスの特徴的な症状です。何を食べても受け付けずに下痢となって出してしまう。頻繁にトイレに走らなければならないのがこの病気の非常につらいところです。
つらいでしょうが、数日間食べ物や飲み物(水は例外となりますが)を最低限の押さえるのが早めに治すために重要なこととなります。

吐き気

吐き気も下痢と同じくノロウイルスの代表的な症状となります。しかしながら、こちらも人によっては嘔吐なしの場合も見られます。反対に嘔吐を伴って咳が出る人も。
食べたり飲んだりしても、すぐに吐いてしまうような症状が見られた場合には、同じく飲食を最低限に控えるなどの対策が必要となるでしょうか。

頭痛、めまい

頭痛やめまいといった症状は人によって異なりますが、ノロウイルスによって引き起こされる症状の1つ。ひどい場合は立っていられないほどの不調となる場合もありますので注意が必要です。

 

では、このようなノロウイルス、大人が感染した判断はどのようにすればよいでしょうか。

 

まず第一に、不調を感じたらすぐに病院で診察を受けることから。また、一度風邪やその他の病気と診断された場合にも、その後ノロウイルスの症状を発症した場合には、もう一度医師の診断を受ける場合もあるでしょうか。ノロウイルスの症状は多様であり、必ずしも一度の診断でノロウイルスを正しく発見できるとは限らないのです。

 

人によって、症状によって変わりますが、病院で適切な診察の処方により、ノロウイルスの症状は1週間ほどで症状が治まり、回復に向かうでしょうか。
ノロウイルスはインフルエンザなどの病気とは異なり、感染ルートも色々ありますが、医師の診断からはじまり、ノロなのかインフルなのかにより、学業や職場復帰の時期は異なりますが、まずは自分の体調や回復の具合を見て学校や職場に復帰するのが良いでしょう。

 

ノロウイルス 潜伏期間の大人の症状は?伝染しないように防ぐため出来ることは?

 

ノロウイルスは、対策をすることによって感染する可能性は抑えることもできます。

 

ただ、その知識がなかったり間違っていると、せっかく抑えられたものが拡散される恐れがありますので、適切に対処をすることが大切になります。ノロウイルスが感染するルートとしては、手や指などの外部に触れることが多い箇所になり、ウイルスがついている状態で次に触ることで広がります。

 

大人では飲食店で感染することが多いので、潜伏期間が1日から2日で発症することを考えると、食事をした場合はお店で感染しした可能性は高まります。人によって症状の差がありますが、下痢や腹痛などを起こし発熱をする場合もありますので、子供であればぐったりとすることで反応が表れ気づきやすいのです。

 

また大人の感染では、症状として軽い風邪のように感じる人もいますが、病院での診断後は、実はノロウイルスだったということも少なくありません。そのため、軽度の風邪だと思い込んだり、判断したりしないことも大切です。

 

日常生活での対処は手洗いをしっかりとすることがあります。やはり、外部に触れることが多く、ノロウイルスが流行る季節は、ドアノブや公共施設、公共機関の手すり、吊革など人の手が触れるところも多く、一般的には除菌されていないのが普通なので、ウイルスが残る箇所に触れてしまうと、知らないうちにほかの人から人に感染してしまう恐れが高まるため、手洗いは特に要注意です。

 

また、外食などではできるだけ生ものを食べることを控えるようにしますが、食事で気をつけることは、食品の加熱をしっかりとすることもあげられます。きっちり必要な時間、加熱処理をすることを徹底して、自宅ではキッチンなどの空間も消毒・除菌することで菌を拡散することから防ぐことができますし、また二次感染を避けることができるのも大きなメリットになります。

 

大人は、重病にならないと高をくくっていると、細胞の免疫力が弱まっている場合、症状が重くなる可能性もあるため、安静にして脱水症状にならないように水分補給なども行っておくことも大切なことになります。

 

ノロウイルス 潜伏期間に出社して仕事はどうなる?

ノロウイルスに感染すると、下痢や嘔吐などの症状、また発熱などの症状が出ることや、感染力が非常に強いため、保菌者から集団感染を引き起こす可能性もあります。

ノロウイルスの潜伏期間としては早ければ1日程度で発症することもありますが、おおよそ2日前後程度の短い潜伏期間があると考えられています。

発症してしまった場合には、周囲に感染者を増やしてしまわないように、大事をとって学校や会社は休むのが懸命ですね。

発症から数日たてば症状がある程度治まるようになりますが、ノロウイルスがまだ残っている場合も十分あり、症状などが治まったからと自己判断で出社して仕事をしてしまうと、まだウイルスが残っている場合、周囲に対して感染させてしまう可能性が高まります。

出社する前に、一度、医師の診断など医療機関でチェックしてもらってのほうが、周りに迷惑をかけずに、安心して仕事ができます。

また、潜伏期間中ではノロウイルスの症状がまだ出ない、自覚症状がない状態です。ですが、明らかに感染者からノロウイルスをもらっているという自覚があるならば、勇気をもって出社や登校は控えることが大切です。

集団感染を引き起こす可能性がある場合には、できるだけ、家にとどまり人が集る場所に行かないように心がけることが重要です。

潜伏期間中の場合には、一度、会社などに連絡して症状や事情を伝え、病欠など対応について確認を取るのも1つの手段です。
仕事に関して、気を遣いながら心配しながらの仕事は、調子も落としていることもあって絶対はかどりません。

万日、周りに集団感染を引き起こしてしまった場合には、仕事のトラブルとして周りに迷惑をかけるだけでなく、感染者が平気で仕事をしていると変なレッテルを貼られることもつながるので、そうした風評は避けたいところですね。

その元凶とならないためにも、病院に行くなど会社への報告、指示など判断を仰ぐことが先決です。

潜伏期間は比較的短い期間でもあるため、わずかな潜伏期間が過ぎて特に症状が出なかった場合や医師の指示など含め、一定の期間を置いて出社や登校していくほうが無難ですね。

 - ノロウイルス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ノロウイルスを予防する方法
ノロウイルスの予防と感染経路を断つには?

インフルエンザのウイルスにかかると、高熱がでたり、関節の痛み、頭痛などさまざまな …

ノロウイルス対策に手洗い
ノロウイルス 症状で子供の症状は?

ノロウイルスの症状が子供に出ると心配になりますが、毎年、寒い季節となると流行るの …

ノロウイルス 感染 幼児の症状
ノロウイルス 症状で幼児の症状は?

目次(希望の項目に移動します。)1 ノロウイルス 症状とは?2 ノロウイルス 症 …

no image
ノロウイルス 症状や原因は?赤ちゃん、子供、大人がなる原因は違う?

ノロウイルスはどんな原因や状況で感染する?   ノロウイルスが周りにも …

子供がノロウイルスに感染
ノロウイルス 子供が感染?症状や対処、学校・保育園の登校は?

目次(希望の項目に移動します。)1 子供がノロウイルスに感染すると必要なことは? …

no image
ノロウイルスの症状で赤ちゃんの症状は?

毎年、秋口から年の瀬が押し迫る頃を通り、春を告げる前まで多く増えてくるのがノロウ …