健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

『尿もれ』する前の対策、下着を濡らさない方法、病気であれば病院に

尿もれ』と言っても色々な症状がありますし

 

『尿もれ』は

 

くしゃみや走った時

 

ちょっとしたきっかけや反動で尿が意思に反して自然とさっと出てしまう尿もれ

 

意思を持って用を済ました後の尿もれであったりします。

 

尿もれは男性も女性も悩むところです。

 

尿もれは男性にとってもとても気になると言うより

「死活問題」と大げさかもしれませんが

男性の尿もれ対策

でもそれくらい本当に気にする大変なものなのです。

(特に尿漏れ後の処理が、めっちゃめちゃ大変!なのです)

 

自らトイレに行って排尿の後の『尿のキレ』が悪く
尿もれしてしまう処理と

 

排尿前に不惑にも小便が体の動くきっかけで自然と出て下着を濡らす『尿もれ』があります。

 

どちらもその後の処理では、本人にとっては深刻そのものの精神状態に。
小雨的な尿もれ処理(はいているパンツやズボンを少し濡らしてしまう)と

 

後者の場合は大洪水になってしまった尿もれ処理

(意思に反して不覚に自然に尿が出てしまった状態で

 

かなり尿が出てパンツとズボンがずぶ濡れになってしまう)との違いがあるですね。

 

ともにパンツとズボンを濡らして

外からもズボンが濡れた痕が見られるので

 

仕事中であれば本人はパニック寸前の心境(あっ、しまったと)になるのですね。

 

どちらの後処理も超大変です。(濡れている下着やズボンをその場でティシュで拭くか、着替えるみたいに)

 

休日を自宅で過ごす場合であればなんとか尿もれの対応は自宅でできますが

それが一歩外に出て、仕事や外出先での尿もれであればもう大変です。

 

このように、かなりその後の処理や対応に相当苦慮するわけです。

 

一言で言うとかなり「やばい!」というのが本音です。

 

これは一口に『尿もれ』と言っても、実際に体験した人ではないと

その大変さは実感できないところですね。

 

これは年配の人だけでなく、若い人にもあることではあります。

20代、30代、40代、50代、60代、70代など

 

年配の人に特に多いわけですが、このように幅広い年齢層でも見られるのです。

 

排尿後の『尿もれ』しない日常対策!未然に防ぐ方法は?

例えば男性が、年齢を重ねていけば学生や若いころには無かった体験をします。

 

オシッコした後で尿を出しきったつもりでも

 

残尿があったり、出し切っていないため
(本人は出しきったと思っていますし、実際は出しきってはいるのですが、残尿として少し残ります)

 

ズボンのチャックを上げて歩き出したらすぐに

下着のパンツやズボンの表面からも少し濡らした痕が見えるのです。

 

やっぱり外見上は超恥ずかしいことになります。

 

「あっ、やったと!」スボンの上から濡らした痕が見えてしまうのです。

 

じゃーどうするか?

そうならないためには、3つの方法があります。

 

緊急対策では2つの方法

残りの一つは病気の場合は病院で診察してもらう場合もあるでしょうか。

 

(もちろん病気ではなく年齢的に機能が衰えてそうなる場合が多いのですが)

 

『尿もれ』前の緊急で役立つ3つの方法|尿漏れを防ぐ秘策!

これは過去に経験した自身の『尿もれ』体験談から基づいています。苦笑

 

先に自らやった効果的な緊急対策と防止方法から。(男性用)

 

・用を済ます時、男性用の立ったまま用を済ます男性専用便器ではなく

洋式の便器か和式など座れる便器を使用します。

尿もれ対策をするには?

理由は用を済ました後に

トイレットペーパーで漏れないように先端付近をふけるからです。

 

便器に向かって垂直にして漏れが出ないように尿をできるだけ出し切って

その後に、トイレットペーパーやティシュで拭き取ります。

 

そうすると下着は勿論のこと

ズボンを濡らさずに済み、漏れないようになります。

 

最近は女性座りのように洋式便器を使って用を済ます男性が増えています。

 

それ式にして小便を済ますといいですね。

 

便座をそのままにして座って用を済ます方法と

 

写真にあるように丸内の便座を上にあげて
普通に男性が使うように用を済ます方法でもいいです。

 

尿もれしないポイントがあって

 

どちらの方法も用を済ました後
まずは尿を出し切ることが先決です。

 

次いで尿を出しきった後、周りにこぼさないようにして

 

垂直に下にむけて出しきりながら軽く振り込み
そのまま下に向けたままにして尿が落ちてこないか、まだ残っているか確認します。

 

その後に、トイレットペーパーを使用して雫(しずく)が出ないように軽くさっと拭きます。

 

・第2番目の方法で、男性専用の便器を利用する場合は

立ったまま用を済ました後、尿を出し切る意識はもちろんのこと

 

尿を出しきった後は

睾丸付近(タマタマ)を軽く持って残尿がそのあたりに尿が残っているので

 

片方の手で持って、もう片方の手でそのあたりを残尿を、なで押し出すみたいにすると

残尿が少し出るのです(出しきったと思っても残っているのでそうします)

 

これは少しコツがあるかもしれませんので
外出先ではなく休日に自宅でまずは試してみることをオススメします。

 

そのように、出し切った後に、上記のようにしていくと濡らすことは少なくなります。

 

・3つめの方法は、女性などが利用している生理用品の類

男性用尿漏れ吸水パンツなどを利用する方法です。

 

これは二次的に尿漏れを防ぐために利用して体験して試してみることもいいかもしれません。

 

最初は抵抗があると思いますし
なんだと思われるかもしれませんが人によっては上記のカタチではく

 

一時的に尿漏れが表に出ないように吸水パンツを使用する手もあるわけです。

 

別に周りに気をつかう必要はないので

(最初はちょっと恥ずかしいと思ったり抵抗があったりするでしょうか)

 

実際にどんな感じになるのか購入して試して体験してみるのも一つの方法や手段ですね。

 

どちらかと言うと
パンツやズボンを濡らしてしまうほうが、不快感と恥ずかしく嫌な思いをすると思いますので。

 - 尿もれ対策・防ぐ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした