健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

ミネラルは微量でも健康維持に必要不可欠な要素や食材は?

心臓を強くする、不整脈を起こしにくくしたり

情緒の安定などもたらしますが

 

ダイエット、飲酒などの深酒などがマグネシウム不足をもたらします。

 

また、豆腐に含まれるカルシウムや

凝固剤などに塩化マグネシウムと印字されている豆腐がありますので

 

食事のおかずや酒のつまみにもマグネシウムを摂るのにもうってつけです。

 

慢性的に不足にならないように

食事でとれるミネラルは自然に多く取りいれていきまょうね。

 

もちろん、おオススメは家庭内で食材から料理して食べるミネラル。

 

コンビニなどの加工食品や冷凍食品からは
必要なミネラル補給はあまり期待できそうもないため

 

手間暇かかったとしても
ミネラル補給するのには手料理が比べ物にならないほど威力を発揮します。

 

健康管理には家で作った弁当や食卓で食べる手料理が健康維持には欠かせないのですね。

 

ダイエットや筋トレ、運動によって不足したマグネシウムを新たに摂り入れていくことで

 

運動系で体づくりをして、ミネラル補給が健康・体づくりに役立つように

 

マグネシウムを含む、ミネラル水でも補給することもできるので
手軽に利用すれば手間をかけず、一定のミネラルを摂取することができます。

 

納豆、ひじき、アーモンド、大豆、油揚げ、わかめ、玄米ご飯など

 

カリウムもマグネシウム同様に心臓の不整脈の正常な働き、血圧安定に貢献します。

 

アボガド、大豆、バナナ、里芋に含まれダイエット後に

またハードなスポーツの後にそうした食材を通して

 

摂っていけば慢性的なカリウム不足やマグネシウム不足

ミネラル不足にはならないでしょうか。

 

ミネラルの一つ
亜鉛は、インスリン、タンパク質の合成、免疫機能を保ったりします。

 

亜鉛が不足すると子どもでは成長の過程に、人の髪や皮膚、爪にも影響します。

 

この亜鉛は味覚のバランスをとったりもしますが、サプリで取り過ぎないように注意が必要です。

 

納豆やカキ、牛肉、豚レバー、鶏肉のモモ、小麦胚芽に含まれるので

料理の仕方、いろいろな食事のメニューを工夫することで

 

楽しみながらミネラル補充ができるのが一番ですね。

 

日頃の食事のバランスを気をつけることで健康を保つ一つのピースが揃うことになります。

 

見逃しやすいミネラルは微量でも人が健康な生活を送る上ではとても大事な要素になります。

 

こうした食材の見直しや、食事のバランスを時には見なおしてみて不足している食材なり
ミネラルが含まれている食材を積極的に摂り入れていくことはとても大切になりますね。

 - ミネラル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした