健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

食事のバランスと『心がけ』は健康の最高峰の黄金比率だ!

例えば食物繊維!

 

血糖値の上昇をゆるやかにしたり、血中コレステロールの正常化、腸内環境の改善や便秘の予防に食物繊維は欠かせないもの。

 

まさか、毎日がカップラーメンだけ、うどんだけ、ハンバーガーだけとか、手軽に済ませてはいないですよね。汗

 

食物繊維が含まれていない食事より含まれる食事は、便通など腸内のバランスもとってくれ
便通がいいことは毎日の活力、エネルギーに確実につながります。

 

だって腸内に便がたまっている感じでは、馬力や活力は出ませんよね。

 

特に『やる気、頑張るぞー』と、仕事や勉強、レジャーなど一日の始まりをベストにしていく要素になります。

 

食物繊維を含む食材ベスト5は?

 

ブロッコリー、モロヘイヤ、しいたけ、ごぼう、干し柿は、食物繊維が食物の一定量の中に多く含まれる食品です。

 

特に、糖質や血糖値が上がりやすい傾向の中では、運動も必要になりますが、食事では食物繊維を一定量摂ることで、糖や血糖値の上昇を抑えることができるので、食事の中には積極的に取り入れたいものです。

 

この食物繊維はサプリや飲料でもありますが、普段口にする食物から摂るのがベスト!

 

どうしても普段食べている食事からは摂れない、不足する場合は、そうしたサプリから摂ることは効果的です。

 

食事とサプリのバランスとなります。(筋トレしている人では、食事だけでなくサプリも併用して筋肉をつけるみたいに、サプリだけに頼ることはあまりいいとは言えません、必ず食事がベースとなります、そしてプラスしてサプリでしょうか)

 

例えば通常に口にするパン、全粒粉パン、ライ麦パンなどはものによっては少々割高かもしれませんが、食物繊維だけでなくビタミンやミネラルが含まれ、健康にはとても大切な役割を果たしています。

 

食物繊維は腸内では、色々分解されますが、食物の繊維が腸壁内に接したり、触れたり引っかかることで腸壁のお掃除をしてくれる役割があり、大腸がんになる確立を減らすことはできないにしても、体にとって便通が良くなることにつながるので、便としてのデトックスには最適ですね。

 

そうした便秘の予防から、便通の改善などには穀類、豆類、野菜、海藻類がいいですし

 

腸内にとってありがたい有益な菌を増やしたり、血糖値の上昇抑えたり、高脂血症を予防するなどには

 

果実や果実の皮(きれいに洗ったリンゴの皮やキーウィフルーツの皮も)、コンブ、ワカメなどの海藻類が

血糖、高脂血症の予防や改善にはいいわけです。

 

食事のバランスとして、特に食事から取らなければいけない、と言うよりとる必要のあるものが

先日ご紹介していたタンパク質、体内で合成されない必須アミノ酸です。

 

アミノ酸は筋肉、血液、酵素、内臓、皮膚、ホルモンなど体の各パーツには必要なもので

 

タンパク質を多く含む魚、肉、牛乳、卵、豆腐などに含まれ、体の中では自然に作られないアミノ酸(必須アミノ酸)は食事からとる必要があるアミノ酸になります。

 

それは精神安定、筋肉強化、肝機能高めたり、免疫力を高めることのできる食事になるので

チーズや牛乳、鶏肉、魚介類、大豆製品、全粒粉、玄米などは積極的にとりたい食品の1つ1つになります。

 

時にはハンバーガー、ラーメンも恋しくなりますが、外食一つ、コンビニひとつにしても選ぶ食材、昼食にしてもそうした食事のバランスをうまくとることが、健康を維持する黄金のバランスとなります。

 

好きな物を食べている偏食嗜好は、反対に健康を害する食事となるので注意が必要になります。

 

偏食嗜好にならず、とにかく幅ひろく色々な食材、食事を積極的にとる『心がけひとつ』が最高峰の食事バランスになること請け合いです。

 

できれば手作りであれば更に最高ですね・・。♪

 - 健康維持・病気予防

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健康第一
体と健康のバランス・調整機能と病気を防いでくれる食べ物は?

体を支えたり・調整してくれる食材・食べ物はゴマンとあるわけですが   …