健康や体を大切にしたい!健康・病気のお役立ち情報を発信!

体のこと・体づくり・健康、病気のことなど、お役立ち情報を発信しています。

*

ストレスの解消と気力の充実をはかる方法とは?

ストレスはどんな所から来る?ストレス解消方法とは?

ストレスは誰もが経験することで、小さな幼稚園の園児はもちろんのこと、大人になってからも、そして年齢を重ねていっても全員が全員がストレスからは完全には開放されるものではありません。

まずはストレスは身近にあり、いつでもどこにでも存在するということが前提としてあります。

そのストレスとはうまく付き合う、開放するように対策する、今あるストレスをできるだけ少なくする、無くするよう努めることから行動することが大切であることを確認していきます。

そのストレスとどのように向かい対峙するのか、ストレスから逃げまわるのかによってストレスの度合いが変わり、ストレスを受ける度合いを減らすことができるのです。

ではどうするのか?ですね。

スポンサーリンク



 

その前に、ストレスはどんなところから来るのかですがそれは年齢や環境によって人それぞれです。

・人との関わり、職場環境、上司・知人、配偶者・夫婦、離婚・別居、仕事

経済状態、健康、病気、介護、将来の生活、家計、借金、トラブル

ストレスを解消するには

交通事故、経済状態、老後、将来についてなどなど・・・

上記の状態・写真のような状態であれば、かなりのストレスにはまっているので、ストレスの内容によって違いますが、ストレスからの開放や回避できるものは、いち早く脱出する対策を考えて行動します。

いつまでもこの状態であれば、更に落ち込み続けるので、マズイことを知って行動することを最優先します。

本当にそれは人それぞれですが身近にあるストレスは、できることから開放されるように努め行動する必要が出てきます。

ストレスはみんな大なり小なり、何かを抱えて生活しているから、自分だけでなく、誰もが・・・そのことを知っていて下さいね。

それが大小違っていたり、環境が変わってストレスが変わる場合も多いでしょうか。

それでも共通して言えることは、どんなストレスであっても、解消の度合いは違えども同じストレス受ける度合いをそのままの状態で放置しておくことをまずは止めなければならないことです。

まずは、そこに集中していきます。

ちゃんと正面切って対処する、対峙して逃げないことが最優先するところから始めます。

一つひとつを解消していく意気込みを持つことからです。

気力の充実をはかるにはどうする?

スポンサーリンク



年齢とともに、また体力が弱るとともに気力の充実度は下がってくると思います。

上述しましたストレスの解消ができない、ストレスの発散ができない場合も

気力はそれだけみなぎりませんし、気力の充実も比例してしないのですね。

たとえば、年齢を重ねるうちに、若いころのような運動量や活動量は自然と減ります。
(もちろん、何もしなかった場合ですが)

そうなると安定志向になると同時に、体の活力が失われているのと、場合によってはストレスを受けている場合は、輪をかけて重圧になっているため、なかなか動きが活発にならずに、心と体が沈滞している状態に陥ります。

気力が充実しない・ストレスを受けている→動きが少ない・体が縮こまる・体力の衰えが来る

→活力が無くなる→動かず、じっとしていたい・気力が無くなる。

となって、絵に書いたような悪循環に陥ります。そうなると、ますます体と心が沈滞してどんよりする状態になるのです。

そうならないためには、またそうした状態から脱出するにはどうするか?は・・
まず先決は、体をとにかく動かすこと、出来る範囲で運動するところからスタートします。

気力がなく体が動かせない場合は、できる範囲から動かすようにすることです。

もちろん、体が動かせる・運動できる体であってもストレスが強い場合、ストレスの度合いが極端に強い場合は、そうもいかないと思います。

その場合は、時間をかけてストレスから解き放されるように努力するところから始めます。

まずはストレス解消を時間をかけてもいいので自分なりに解消する、開放する、探す、努力するところが最優先でしょうか。

そしてそれが無くなるようであれば、また見つけられたら次の段階に進みます。

まずは軽いところから、出来るところから始める運動することなのですね。

最初は無理をしないで体を慣らしていきます。また、体力以外では小さな成功やうまくいくことを重ねていくようにします。
ちょっとした小さな成功体験を積み重ねるイメージです。

実際、自身もそうした中から始めていって気力が補填されいくのが分かりますし、解消され始めることも多いですし、また、気力の充実をはかることが出来たからもあります。

自分ができたから人もできるではありませんが、そうすることも気力の充実を図れるうまくいった一つの対策ということです。

その充実をはかる方法は、人によってそれこそ色いろあるでしょうし、そうしている中で新たな発見があるかもしれません。

スポンサーリンク



 - ストレス解消・気力充実

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした